取引振が充実すれば金利は下がります

ホーム銀行とのつきあい方>取引振が充実すれば金利は下がります

融資金利は貸倒に対するリスクの対価という一面の他に銀行の収益源の一面も併せ持っています。
銀行は取引先毎の採算管理を行っていますが、採算は金利のみならず預金や振込、外為などおよそその取引先との取引から生じるすべてを含んでいます。
ですから振込や預金取引などが充実している取引先は銀行の採算面も良好な場合が多いですから、多少金利を下げても採算は確保出来るのです。





逆に預金もほとんどないし振込は他の銀行でやっているとなると、取引先のとの採算は融資取引のみということになります。
金利のみしかその取引先から収益が上がらないとなると、やはり金利は採算は十分に確保される水準となりますから、そこそこの金利を銀行は求めてくることになります。





◆事業資金のご案内

ビジネクスト
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

◆売掛金を利用した事業資金調達
赤字決算などの理由で銀行融資がスムーズに受けられず資金調達に困った場合には、ファクタリング、つまり売掛債権の譲渡による資金調達方法があります。 これは大手企業でも取扱をしている方法であり一般的な資金調達手法です。
事業資金調達なら【ジャパンマネジメント】

トップ・マネジメントのファクタリングでつなぎ資金調達