銀行融資用語集 資産背景

投稿日:

ホーム銀行融資用語集>銀行融資用語集 資産背景

資産背景とは文字通り、会社あるいは社長個人の資産の有無です。
例えば会社や社長個人に担保に入っていない不動産がある場合、銀行はその不動産を担保に取らない場合においても、資産背景が認められるとして融資が検討しやすくなるのです。
資産背景があれば、将来それを担保取得して保全を確保出来る余地があります。
また資産背景があれば、業績、資金繰りが厳しい状況においても、担保に入れることでまだ融資が受けられる可能性があり資金繰りを維持することが出来ます。
資金繰りが維持出来るということは破綻することなく以前の借入金も返済出来る能力を持っていると考えることが出来ます。



管理者選定:中小企業・事業者向け資金調達

ビジネクスト
大手資本が入り歴史が古いビジネスローンの代表的な商品です。

事業資金ならキャレント
ネットで全て完結する500万円までの資金調達商品です。

【GMO BtoB 早払い(ファクタリング)】
借入ではなく売掛金の売却による資金調達です。東証一部上場企業が運営しており安心です。

-銀行融資用語集

Copyright© 銀行員の融資総合ガイド , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.