銀行融資用語集 資産背景

ホーム銀行融資用語集>銀行融資用語集 資産背景





資産背景とは文字通り、会社あるいは社長個人の資産の有無です。
例えば会社や社長個人に担保に入っていない不動産がある場合、銀行はその不動産を担保に取らない場合においても、資産背景が認められるとして融資が検討しやすくなるのです。
資産背景があれば、将来それを担保取得して保全を確保出来る余地があります。
また資産背景があれば、業績、資金繰りが厳しい状況においても、担保に入れることでまだ融資が受けられる可能性があり資金繰りを維持することが出来ます。
資金繰りが維持出来るということは破綻することなく以前の借入金も返済出来る能力を持っていると考えることが出来ます。





◆事業資金のご案内

ビジネクスト
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

◆売掛金を利用した事業資金調達
赤字決算などの理由で銀行融資がスムーズに受けられず資金調達に困った場合には、ファクタリング、つまり売掛債権の譲渡による資金調達方法があります。 これは大手企業でも取扱をしている方法であり一般的な資金調達手法です。
事業資金調達なら【ジャパンマネジメント】

トップ・マネジメントのファクタリングでつなぎ資金調達