工事つなぎ資金融資に資金繰り表は必須です

ホーム銀行融資の受け方>工事つなぎ資金融資に資金繰り表は必須です





工事つなぎ資金、つまり受注した工事の代金回収までに発生する人件費や材料費、外注費などのつなぎ資金を銀行融資にて手当を検討する場合、その申し込み資料として資金繰り表は必須です。
つなぎ資金の融資を銀行が審査にする場面においては、①今回の融資によって代金回収までの資金繰りはきちんと回るのか ②工事代金回収によって融資の返済は可能なのかどうかを必ず検証します。
その検証資料として資金繰りは必ず必要となるのです。
銀行に提出する資金繰り表は過去数カ月の資金繰り実績と融資返済期日までの資金繰り予定表の2種類を準備してください。





◆事業資金のご案内

ビジネクスト
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

◆売掛金を利用した事業資金調達
赤字決算などの理由で銀行融資がスムーズに受けられず資金調達に困った場合には、ファクタリング、つまり売掛債権の譲渡による資金調達方法があります。 これは大手企業でも取扱をしている方法であり一般的な資金調達手法です。
事業資金調達なら【ジャパンマネジメント】

トップ・マネジメントのファクタリングでつなぎ資金調達