銀行融資をいつ受けるか


ホーム銀行融資の受け方>銀行融資をいつ受けるか

一つの例として3ヶ月に運転資金の銀行融資を受ける必要があるとします。
そして今まさに取引銀行から融資の提案を受けているとします。
この時、資金が必要となるのはあくまでも3ヶ月後であり今は資金が足りているので銀行からの融資を見送るという判断があるでしょう。
また資金が必要となるのは3ヶ月後であるが、今回の銀行からの融資を提案を受けて現時点で融資を受けるという判断があるでしょう。
どちらが良いでしょうか。

今は融資を受けることを見送り資金が必要となる3ヶ月後に改めて融資を受けるという判断には無駄な利息を支払いたくないという要因もあるでしょう。
しかしもっと大切なことは資金繰りを安定させることです。
そして資金繰りを安定させることに早すぎるということはないでしょう。
本当に資金が必要となる3ヶ月後に銀行が融資に応じてくれるとは限りません。
銀行からの融資提案をある時、それは銀行内で融資の最終決裁が取れていることはありません。
銀行担当者の判断のみで融資提案が行われていることも少なくありません。
またある程度は銀行内で融資に対しての協議的なものが行われたうえで提案がされていることもありますが、決して融資稟議が決裁されてはいません。
実際に融資を申し込んでから融資の稟議は行われるものであり、その結果、融資が否決されることも実際にあるのです。

資金が必要となる3ヶ月前に融資が否決となってもまだ時間的に余裕がありますから、別の銀行に融資相談をするなど次善策を図ることが可能です。
しかし資金繰りがギリギリの時点で融資が否決となってしまっては、他の手立てに走り回る余裕がありません。

1年以上前に資金の手当をするのはさすがに早すぎるでしょう。
しかし半年後の資金手当をしておくことは早すぎるとは言えません。
また銀行から融資の提案を行う時は銀行が融資をしたいと考えているということですから、審査のハードルも自然に下がります。
一方で銀行というところは融資の相談を受けると逆に引いてしまう傾向があります。

資金繰りの手当は事業活動の生命線ですから早めの動きがマイナスになることはありません。

◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト