今は融資は要らない

ホーム銀行融資の受け方>今は融資は要らない

先日看板工事を営む融資先企業に出向き、前期の決算書類を貰ってきました。
業績はまずまずですが、借入金が多く年間の返済総額は約1億円ほどあるということ。
経理担当者からは全額を今後の売上など自己資金で返済することは難しく、1億円は不要だとしても8,000程度の新規融資を受けないと資金繰りが回らないとの説明を受けました。
当方からは新年度のスタート時点で必要な資金は手当をしておき、期の途中で資金繰りに苦労しないように早めの段取りを具申しました。
経理担当者としてもその方向性で考えており、来月を目処に新規融資を受ける準備をしておきたいとの希望を受けました。
当方としても少なくとも当行宛の年間返済相当額は追加融資の支援を行う方向性であることを伝えておきました。

その数日後、この会社の経理担当者から連絡があり「融資は当面先にします。社長と相談しましたが今は手元資金に比較的余裕があるので、今すぐの融資は必要はありません。必要な状態になったらまた連絡します。いずれにしてもこの前のお話のとおり、どこかのタイミングで追加の融資をうけないと資金繰りが回らないのでその際にはよろしくお願いします」とのこと。
この連絡を受けた後、経理担当者に聞いたところ社長としては今は手元資金があるのだから、わざわざ金利まで払って融資を受けることはないと指示があったとのことでした。

さて、必要な時にスムーズに銀行融資が受けられるとは限りません。
資金繰りに関することは前倒しで手当をしておいても早すぎるということはないと思います。
事は企業の生命線である資金繰りのことです。
1日でも資金繰りが途絶えたら、その時点でその企業は事実上の倒産に至ります。
また銀行も民間企業ですから融資に対する方針が変更されることもあります。
早めの融資にて当面の資金繰りを安定させて行くことの方が大切だと思いますが、みなさんはいかがでしょうか。

◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト
ビジネクスト
オンラインで申し込みが可能で短期間審査。ビジネスローンを始め多様な商品構成。最大1,000万円。

急を要する資金繰り対策に!
お申込は簡単!必要事項を入力するだけ!【エフワン】
スピード審査で最短30分!SGファイナンス