住宅ローンの申込みでは納税証明書にご注意を


ホーム住宅ローンの申込み書類>住宅ローンの申込みでは納税証明書にご注意を

住宅ローンの申込みにおいてはいろいろな書類の提出を求められると思いますが、提出書類の中に納税証明書があります。
特に自営業者や会社経営者の場合に多い提出書類です。

納税証明書の提出が必要な理由は、きちんと税金を納めているかどうかいうことが一番ですが、そのほかに納税はしているものの納期限より遅れて納付していないかどうかも確認しています。
納期限より遅れて納付をすると延滞税がかかりますが、納税証明書には延滞税をいくら支払ったかも記載されます。

きちんと税金を支払っているからいいのではないかと思われるかもしれませんが、住宅ローンの審査では延滞税の記載の有無は重要で、納税証明書に延滞税の記載があるだけで住宅ローンの審査を否決とする銀行もあります。

延滞税の有無はある面、住宅ローンを申し込んだ人の資金繰りや管理面を表しています。
安易に考えていると思わぬ落とし穴に入り込んでしまいます。

特に予定納税には注意してください。
予定納税というと何だから納付期限がなさそうですが、実はきちんと納付期限があって、1日でも納付が遅れると延滞税がかかり納税証明書にはしっかりと延滞税が記載されてしまいます。
注意してください。

◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト