住宅ローンの保証料ゼロは保証会社の審査がない?


ホーム住宅ローンの諸費用>住宅ローンの保証料ゼロは保証会社の審査がない?

住宅ローンで保証料ゼロというのをよく見かけると思います。
文字通り住宅ローン利用に関する保証料がかからない性質のものです。
この点は間違いありません。

でも間違ってはいけないことがあります。
住宅ローンの保証料ゼロという場合は、住宅ローン保証会社を利用はするが、その保証料分の住宅ローン金利を優遇して、実質的に保証料がゼロの場合と、そもそも住宅ローン保証会社を使わないから保証料がゼロの場合の2つのケースがあるということです。

どちらの場合も保証料の負担がないことは共通しています。
しかし住宅ローンの審査方法に大きな違いがあります。
最初に住宅ローン審査のおさらいをします。
住宅ローンの審査は銀行が行う住宅ローンの融資審査と住宅ローン保証会社が行う保証審査の2つがあります。

さきほどの住宅ローン保証会社は利用するが、その保証料分の住宅ローン金利を優遇して、実質的に保証料をゼロとする場合は、銀行の住宅ローン融資審査と住宅ローン保証会社の保証審査の2つの審査を受けることになります。
したがって銀行と保証会社がそれぞれ独自に申込人や連帯保証人の個人信用情報を調査します。
銀行は消費者金融系やクレジット会社系の個人信用情報機関には加盟していませんから、消費者金融やクレジットカードの利用があっても延滞などの事故をおこしていない限り、銀行が消費者金融やクレジットカードの利用有無を知ることはまずありません。

一方で住宅ローン保証会社は消費者金融系やクレジット会社系の個人信用情報機関に加盟していることが多いですから、延滞などの事故を起こしていなくても、消費者金融やクレジットカードの利用の有無を知ることが出来ます。

ではそもそも住宅ローン保証会社を使わないから保証料がゼロの場合はどうでしょうか?
この場合は銀行の住宅ローン融資審査だけが行われ、住宅ローン保証会社による保証審査は行われませんから、仮に消費者金融やクレジットカードの利用があっても延滞等の事故を起こしていない限りは、銀行がそれらの利用有無を知ることはまずありません。

消費者金融やクレジットカードの利用は住宅ローンの申込みにおいて気になる場合が多いと思います。
銀行によって住宅ローン審査の取扱は異なりますが、クレジットカードはともかく、消費者金融の利用には厳しい態度で臨みます。
延滞等をしていなくても、たった1社でも消費者金融の利用があるだけで、住宅ローン審査を否決とするところも少なくありません。

消費者金融やクレジットカードの利用が気になり、住宅ローン保証会社での審査を避けるため、保証料ゼロの住宅ローンを選択しても、さきほどのとおり、住宅ローン保証会社の保証審査がなされる住宅ローン商品もあります。
保証料ゼロといっても住宅ローン金利が優遇されて、保証料が実質ゼロなのか、それともそもそも住宅ローン保証会社を利用しないから保証料がゼロなのか、申し込む前にしっかりと住宅ローンの商品内容を確認してください。

◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト