売掛金を利用した資金調達

更新日:

資金調達の第一は銀行融資ですが・・・

資金繰りに困った時に第一の手段は銀行から融資を受けることです。
しかし銀行融資を受けるには審査に通らなければなりません。
赤字決算などが理由で銀行融資が受けられない場合もあるでしょう。
経営者個人の資金を会社に投入して資金繰りに充てることもあるでしょう。
しかし個人の資金にも余裕がなく資金繰りに窮する事態もあり得ます。
資金調達が出来なければ破綻、つまり倒産を覚悟しなければなりません。
支払日まで日が余裕がない・・・
せっかく今まで事業を継続してきたのに・・・
家族や従業員もいるしどうしたら良いのか・・・
このように銀行融資が受けられないなど資金繰りに窮した時にも資金調達が可能な手段があります。

売掛金を利用した資金調達手段

このように資金繰りに窮した場合、1つの残された手段として売掛金を売却するという資金調達手段が残っています。
世の中ではファクタリングと呼ばれています。

売掛金、つまり掛けで物を販売したりサービスを提供することですが、回収期日になれば現金を回収することが出来ます。
しかし資金繰りに窮している場合には期日まで待っている余裕はないでしょう。
そのような場合、その売掛金を売却するのです。
利息や手数料の差し引きとはなるものの、期日前に売掛金を現金として回収することが出来るのです。
このファクタリングは特段異例なことではなく、決して少ないくない企業が取れ入れている資金調達手段です。
手形割引ということを聞いた方も少なくないと思います。
手形割引とは手形の支払期日前にその手形を売却して資金を手に入れる極めて一般的な資金調達手段です。
このファクタリングは手形ではなく売掛金を売却して資金を手に入れる手段であり、なんら手形割引と性格が基本的に異なるものではありません。
資金調達に悩んだ場合には検討してみる価値がある方法です。

ファクタリングで資金調達!30秒無料診断!!

-資金調達の悩み

Copyright© 銀行員の融資総合ガイド , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.