住宅ローンで購入した住宅から引越ししたら一括返済を求められますか?

ホーム住宅ローンその他>住宅ローンで購入した住宅から引越ししたら一括返済を求められますか?

住宅ローンの融資条件には複数ありますが、もっとも基本的なことでかつ住宅ローン利用の前提条件として、「本人や本人を含む家族が住む」という条件があります。
しかし当初は本人が住んでいたものの、その後転勤などで引っ越してしまい、住宅ローンで購入した住宅には例えば、親戚が住んだり、あるいは第三者に賃貸に出してしまうケースがあると思います。

このことを銀行に伝えたらどうなるか。
住宅ローンの条件違反を指摘され、一括返済を求められるのか?
気になるところだと思います。

原則論から言えば、本人が居住しないことは住宅ローンの条件に違反することになります。
条件に違反するから期限の利益(=住宅ローンを当初の期限まで返済すれば良いという借り手側の権利・利益)を失い、銀行が一括返済を求めることは可能と言えば可能です。





しかしながら実務においてはそのような要求はしないはずです。
少なくとも管理人の長い銀行融資実務において、引っ越して本人が居住していないから住宅ローンを直ちに一括返済してほしいといったことを要求したことは一度もありませんし、耳にしたこともありません。
したがってそれほど心配されることはないと考えます。

それよりも大事なことは引っ越したことで当然住所が変更になっているわけですから、それをきちんと銀行に届け出することが大切です。
住所変更の届け出を忘れている状態で、たまたま何だかの理由で住宅ローンの返済口座に入金するのを忘れていた場合、銀行が連絡したところ電話が不通になっていた、というような事態の方がよほど注意をしなければなりません。

融資先に連絡が取れないことを銀行はもっとも重要視します。
連絡が取れない=行方不明ということになり、そのままの状態が続ければ銀行の厳しい対応を招く恐れがあります。

住所変更の届け出をすることで、住宅ローンで購入した物件はどうなっているのかを銀行は質問してくるはずです。
その場合は、正直に話せばそれほど問題にはなりません。





◆事業資金のご案内

ビジネクスト
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

オーナーズ セレクト カード
経営者・自営業者向けのカードローン


◆銀行員が選んだカードローン

イオン銀行
イオン銀行のカードローン 限度額最大800万円 利率3.8%~13.8%

モビット
限度額500万円 利率4.8~18.0%