ファクタリングは中小企業でも相手にしてくれるのか?


ホーム銀行融資・資金調達にお悩みの方へ>ファクタリングは中小企業でも相手にしてくれるのか?

急な資金需要が発生し銀行融資では時間的に間に合わない場合、ファクタリング、つまり売掛債権の譲渡による資金調達方法がスピードある調達手法としてあります。
このファクタリングについて大企業ではなく中小零細企業でも利用が可能なのかどうかという問い合わせを受けましたので説明しておきます。

ファクタリングというのはさきほども説明したように現在保有している売掛債権をファクタリング業社に譲渡、簡単に言えば売却することで資金が調達出来るものです。
したがって極論を言えば、企業の規模とか決算が黒字か赤字かは関係なく売掛債権の質などの内容の方が大切になります。
なぜならファクタリング業社は売掛債権を購入するわけで、購入時に申込企業に渡した資金はこの売掛債権がきちんと期日に支払を受けることで資金を回収することになるからです。
申込企業の内容の良し悪しよりも売掛債権の支払人の良し悪しの方が重要だということです。

ですから申込企業が大企業ではなく中小企業であってもまったく問題にはなりませんから、当然相手にしてくれます。
決算が赤字であっても、仮に税金の未納があっても売掛債権を保有していれば申込が可能となります。
銀行融資がなかなか難しい、銀行に融資を相談しているような時間的にゆとりのない資金繰りにファクタリングは効果を発揮します。

◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト