これって銀行はどう思う?ー定期預金を解約した

ホーム銀行融資全般に関するQ&A>これって銀行はどう思う?ー定期預金を解約した

資金繰りの問題等で銀行に預けている定期預金を解約した。
別に担保に取られているわけではないが今後の融資に悪影響を及ぼすのでは?

銀行は担保に取っていない限り、預金の払い出しの申し出を受ければそれに応じなければなりません。
払い出しをしにきた企業(個人)宛に融資をしていても、定期預金を担保にとっていない限り解約には応じないといけません。
これはケースバイケースなのですが、担保には取っていないものの「この定期預金の預け入れがあるから」といった理由で融資を行なっていることもあります。
定期預金を見合いにして融資を実行しているケースです。
こういった状態においてその拠り所となる定期預金が解約されたとなると、その融資の全額返済を求めることはできないにしても、少なくとも次回も同じような融資が可能になるかどうかは非常に微妙となります。
「解約する前に一言、言ってくれてもいいのに」とか「相談してくれれば別の方法も考えられたのに」「資金繰りが危ないのかな」と総じて残念に思います。

資金繰り等の問題で定期預金を解約せざるを得ない。
ではどうすれば良かったのか?
融資を受けていない銀行の定期預金は勝手に解約しても何の悪影響もありませんが、融資取引がある銀行に預けてある定期預金を解約する際には事前に連絡することがベターです。
事前に相談を受ければ銀行は定期預金の解約ではなく、追加の融資の検討だって十分にあるのです。
無言の解約は回避しましょう。

◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト
ビジネクスト
オンラインで申し込みが可能で短期間審査。ビジネスローンを始め多様な商品構成。最大1,000万円。

資金調達プロ とにかく急な資金不足に資金調達が可能かどうか10秒で簡単に無料診断が可能です。
つなぎ資金が足りない方、銀行融資取引を断られた方、税金滞納、赤字決算でも可能。