カードローンを利用していても事業資金は借りられるか?

ホーム銀行融資と経営者の関係>カードローンを利用していても事業資金は借りられるか?

会社の代表者が個人的にカードローンを利用していても、会社の方で銀行から事業資金が借りられるのか?
個人のカードローンがマイナスの影響となって銀行から事業資金融資が受けられないのではないか?
答えは原則として会社の代表者個人がカードローンを利用しても、会社で事業資金の融資が受けられる可能性は十分にあります。



銀行の事業資金融資は会社の業績や信用力が審査の対象となるのであって、社長個人の借入状況などは審査とは関係がありません。
ですから社長個人がカードローンを利用していても、そのことが理由で銀行から事業資金の融資が受けられないということにはなりません。
ただし注意をしなければならないのは銀行から受けた事業資金の融資をカードローンの返済に充ててしまうことです。
何らかの事情で銀行からの事業資金の融資をカードローンの返済に充てたことが銀行の知るところとなった場合、資金使途違反、つまり約束違反ということで銀行から事業資金の融資の一括返済を求められてもおかしくはありません。
事業資金の融資はあくまでも会社の事業に関わる資金需要に対応するものです。
それが一部であっても社長個人のカードローンの返済に充ててしまうということは資金使途違反です。
現実的に資金使途違反ということで事業資金の融資をただちに一括返済を求めるということは融資現場では基本的にありません。
しかしながら追加の事業資金融資は受けられない可能性が高いとお考えください。
なぜなら約束を破る人にお金を貸すなんてことは普通はないことだと思います。
銀行も同じ考え方を取るのです。


◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト
ビジネクスト
オンラインで申し込みが可能で短期間審査。ビジネスローンを始め多様な商品構成。最大1,000万円。

資金調達プロ とにかく急な資金不足に資金調達が可能かどうか10秒で簡単に無料診断が可能です。
つなぎ資金が足りない方、銀行融資取引を断られた方、税金滞納、赤字決算でも可能。