住宅ローン金利の選び方 変動金利から固定金利への変更の注意点


ホーム住宅ローンの金利>住宅ローン金利の選び方 変動金利から固定金利への変更の注意点

住宅ローンの金利にはみなさんご存知のとおり、変動金利と固定金利があります。
そして一般的に変動金利の方が固定金利のものよりも低くなっています。
当初住宅ローンの金利タイプを選ぶ場合、とりあえず金利の低い変動金利タイプを利用し、金利が上昇してきたら固定金利へ変更することを考えている方も多いと思います。
変動金利の水準が固定金利の水準を超えたら固定金利に変えようとか・・・。

しかし注意が必要です。
それは変動金利が上昇すれば固定金利も当然上昇します。
そして変動金利から固定金利に変更する場合に適用される固定金利の水準は変更時点の固定金利、つまり当初の固定金利ではなく上昇後の固定金利が適用されます。

変動金利の水準が当初の固定金利の水準を超えるときには、その時点の固定金利の水準も上昇しています。
つまりおおざっぱに言えば、固定金利は変動金利よりも原則常に高い水準にあるということです。

したがって変動金利から固定金利に変更する場合にはその変え時の判断が難しいのです。
固定金利の最大のメリットは金利上昇のリスク、つまり支払利息上昇のリスクが抑えられるということです。
固定金利にシフトした場合、毎月の返済額はどれくらいになるのか、そしてその支払額はきちんと返済出来るかどうか、このような視点で金利タイプの変更時期を判断されるのも1つの方法です。

◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト