住宅ローンの保証料は人によって違います


ホーム住宅ローンの諸費用>住宅ローンの保証料は人によって違います

多くの銀行住宅ローンでは住宅ローン保証会社の保証をつける必要があります。
そして住宅ローン保証会社の保証を受けるには保証会社に一定の保証料を支払う必要があります。
保証料の相場は0.2%です。
住宅ローンを35年で組む場合、100万円につきおよそ21,000円の保証料が必要となります。
例えば金額3,000万円の住宅ローンを35年で組む場合には総額63万円ほどの保証料負担が発生します。

ところでこの保証料ですが決して一律ではなく、人によって違ってきます。
保証料の割引を受けて保証料率が0.1%となる人も入れば、保証料免除、あるいは保証料相当の金利を低くして実質保証料ゼロとなる人もいます。
この違いはどこから来るかと言えば、多くは頭金が多いとか返済比率が低いなど銀行から見て客観的に返済可能性が高い人に優遇制度として設けられています。
また銀行によっても取扱が異なってきます。

決してばかにならない保証料ですからいろいろな銀行を比べてみる必要があると思います。

◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト