売上増の時は銀行融資を受けておくことも1つです

投稿日:

売上が増えているときは融資をしたがるのが銀行員

売上が増加しているときは銀行というところは融資をしたがるものです。
仮に今まで新規融資に渋っていたとしても、売上増の言葉を聞くと融資をしたがるというのが銀行員の性質です。
従って売上が増加している時はとにかく銀行融資を受けるチャンスです。

不要でも銀行融資を受けておくのも1つの選択肢

売上が増加している局面においては通常運転資金の需要が高まりますから、資金繰り的にも融資を必要とするはずです。
しかし今すぐ資金が必要ではない時もあるでしょう。
資金が必要となった時に融資を検討するということも確かに正解だとは思いますが、仮に資金が必要な時に売上の伸びが一段落していると融資が思うように受けられない可能性もあります。
したがっておすすめは今すぐ資金が必要ではないとしても、先々の資金繰りの安定を考えて現時点で、つまり売上が好調な時期に予め融資を受けておくこともおすすめします。

とにかく売上増の時は融資を受ける最大のチャンス

銀行の担当者は日々目標、つまり数字に追われており実態として担当先のことをじっくりと考えるという余裕を持ち合わせていません。
これは融資判断においても同様のことが言えます。
つまり「高い技術力がある」とか「数年後には業績が回復する可能性がある」といったことをゆっくり考えている時間がありません。
したがって売上が増加して入れば融資を提案出来るチャンスと銀行員はある意味、短絡的に考えるものなのです。
このチャンスをぜひとも利用してみましょう。

おすすめ記事

最大の特徴は短期間かつ簡易審査 ビジネスローンは一言で言えば、中小企業や自営業者の方への事業資金の融資です。 ビジネスローンの最大の特徴は比較的簡易な審査によって融資が実行される点です。 利率がやや高 ...

資金調達の第一は銀行融資ですが・・・ 資金繰りに困った時に第一の手段は銀行から融資を受けることです。 しかし銀行融資を受けるには審査に通らなければなりません。 赤字決算などが理由で銀行融資が受けられな ...

-銀行融資の受け方

Copyright© 銀行員の融資総合ガイド , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.