予定していた入金が入らなくなった

投稿日:

まずは取引銀行に伝える

予定していた入金が入らなくなったことにより資金繰りがショートしてしまう場合には何よりもまずは取引銀行にその事実を伝えましょう。
早ければ早いほど良いです。
このような予定していた入金が入らない、あるいは遅れる場合の融資支援は銀行としてはあまり望ましくない案件です。
したがって銀行内の融資協議に通常よりも時間を要します。
土壇場で銀行に融資相談をしても時間的に間に合わないということも考えられます。
ですからまずは銀行に事実を伝えて融資検討に要する時間を稼ぎましょう。

今後の見通しを説明する

さて、入金遅れによる資金繰り支援において銀行に悩ましいところは、まずは今後の資金繰りの見通しがどうなのかということです。
銀行としてきになるところは融資を支援をした後は自力で資金繰りが維持出来るのかどうかというところです。
融資をした後も資金繰りが危ないということであっては返済もままならないということですし、再び追加の融資にて資金繰り支援を検討する必要があるなど、終わりがありません。
これでは銀行としても融資を決断することは出来ません。
今回の入金がないことによって今後の資金繰りの見通しはどうなのか、必要な融資を受けることによって資金繰りは大丈夫なのかを説明しましょう。
ここは本当に重要です。

業績への影響は?

さて融資により資金繰りの維持は出来るとしてもう1つ銀行に伝えないといけないことは業績への影響です。
単なる入金が遅れているだけで、後日入金があれば良いのですが最悪入金がない、つまり回収不能となった場合、その回収不能分を損失計上することによって業績への影響はどうなのかというところです。
赤字になってしまうとか、もっと悪いのは債務超過になってしまうという事態を銀行は警戒しています。
赤字ならまだ良いのですが債務超過に転落してしまうということになると、銀行としても簡単に融資を決裁することが難しくなります。
債務超過ということは端的に言えば赤字体質で返済が出来ない融資先ということですから、返済が出来ない先に融資をするということは融資の焦げ付きを意味しますから銀行としても安易に融資には踏み切れないのです。
業績への影響については銀行から必ず質問があると思いますから、きちんと説明出来るように準備をしておきましょう。
万が一、債務超過に転落してしまう場合には、来期の業績見込みを説明し短期間に債務超過が解消するような説明が出来れば融資の可能性はあります。

おすすめ記事

最大の特徴は短期間かつ簡易審査 ビジネスローンは一言で言えば、中小企業や自営業者の方への事業資金の融資です。 ビジネスローンの最大の特徴は比較的簡易な審査によって融資が実行される点です。 利率がやや高 ...

資金調達の第一は銀行融資ですが・・・ 資金繰りに困った時に第一の手段は銀行から融資を受けることです。 しかし銀行融資を受けるには審査に通らなければなりません。 赤字決算などが理由で銀行融資が受けられな ...

-銀行融資の交渉に関すること

Copyright© 銀行員の融資総合ガイド , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.