信用保証協会の保証余力があるから融資をする

投稿日:

信用保証協会の保証余力とは

まず信用保証協会の保証余力とは何かをついて説明します。
ご存知の通り、中小企業のほとんどは信用保証協会の保証付融資を利用しています。
信用保証協会とは簡単に言えば公的な保証人です。
銀行としては公的な保証人がいれば安心して中小企業に融資を行うことが出来ます。
信用保証協会の保証余力とはあとどれくらい信用保証協会が保証出来るかどうかということです。

資金調達がまだ出来るということ

基本的に信用保証協会の保証があればよほどのことがない限り、銀行は融資に応じます。
したがって信用保証協会の追加保証余力が認められれば、その取引先は少なくとも余力部分は資金調達の可能性があるということになります。
資金調達が出来るということは資金繰りが続く可能性があるということにつながります。
逆に信用保証協会の追加保証力が認められない場合には、信用保証協会の保証付融資以外 の融資、つまりプロパー融資を受けることが必要となってきますから、他行からの支援可 能性を含めて資金繰り面を検証する必要が出てきます。

保証余力を拠り所してプロパー融資実行

そのため今回は取引先からの希望もありプロパー融資を検討する場合には、その後資金繰りが悪化したとしても追加の信用保証協会の保証付融資を受けることにより資金繰りを安定させることができ、銀行としてはある意味「安心して」「それを拠り所にして」プロパー融資を検討する根拠が出てくるのです。
信用保証協会の保証余力がどのくらいあるのかは、銀行経由で調べることも出来ますし、直接信用保証協会に問い合わせをすることも出来ます。



-銀行融資の審査に関すること

Copyright© 銀行員の融資総合ガイド , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.