去年買ったマンションで不動産担保ローンは可能?


ホーム不動産担保ローン>去年買ったマンションで不動産担保ローンは可能?

不動産担保ローンというものがあります。
文字通り不動産を担保にして借入をすることです。

無担保のローン、例えばカードローンや教育ローンなどと異なるのは、不動産を担保として多くの金額のローンが組めることです。
数千万円から中には億単位の不動産担保ローンも存在します。

これだけ多額のローンが組めるのは、不動産の価値にあります。
逆に言い方をすれば、不動産の価値、厳格には不動産の担保価値がなければ、不動産担保ローンを利用することは難しいです。

去年買ったマンションを担保に不動産担保ローンを考える場合、担保とするマンションの担保価値を知る必要があります。
例えば5,000万円のマンションを住宅ローン4,500万円を利用して去年買ったとします。

この場合、まずこのマンションの担保価値はゼロです。
担保価値は単純に言えば、不動産の時価の8割程度から既に担保として設定されている金額をマイナスすれば求められます。

上の例で言えば、マンションの今の時価の8割から住宅ローン金額の残額をマイナスすれば求められます。
マンションの場合は、買った瞬間から時価が大幅に低下します。

ですから上の例の場合は、マンションの時価よりも住宅ローンの残高の方が大きいと考えられますから、このマンションの担保価値はゼロと思われます。

担保価値ゼロの不動産はローンの担保としては見ません。

◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト