複数のローンの一本化


ホーム借金の一本化>複数のローンの一本化

複数のローンの一本化というのがあります。
ローンの利用件数が多くなると、当たり前のことですが毎月の返済額負担が非常に大きくなってきます。

これだけと思っていたのが、いつのまにか5つも6つも利用してしまい、毎月の返済額が10万円以上というのはよくある話なのです。
実際これだけの負担になると、そう簡単には返済することが出来ません。
自分では「そうじゃない」と思っていても、客観的には「多重債務者」の仲間入りです。

またローンの利用件数が多くなればなるほど、「おまとめローン」という名前に代表されるような複数のローンの一本化は困難になります。
というのはローンの一本化を審査するほうも、ローンの利用件数が多くなればなるほど、その申込人の信用状態やその金銭感覚に警戒心を抱いてしまい、なかなか審査をパスすることは難しくなります。

複数のローンの一本化を考える場合には、ローンの利用件数が3件程度になる前に決断し、申込をしたほうがよいと思います。

それと複数のローンの一本化が実現した場合には、二度と同じ繰り返し、つまりまた以前のように他のローンを利用することは絶対に避けましょう。
何が何でも避けましょう。

複数のローンの一本化が実現し、ひたすら返済を続ければ決して多重債務者に陥ることはなくなると思いますし、将来同じ過ちを繰り返すこともないと思います。
健全な生活を送ることができます。

逆に一旦複数のローンの一本化が実現し、そのローンが完済されないうちにまた別のローンに手を出せば、多重債務者に陥る可能性が極めて高いと思います。

一概には言えないのですが、多重債務者となり自己破産など法的な救済手段に至ってしまう人は意思の弱い人です。
もちろんやむを得ず多重債務者になってしまった人もいらっしゃいますが、多くの場合、意思が弱く一旦借金がゼロに近い状態になってもまた同じような多重債務に陥る人が後を絶ちません。

複数のローンの一本化は1度しかチャンスがないと考えてください。
2度目はローンの一本化が出来るチャンスが非常に低くなります。

健全な生活を送るためにもこれだけはお願いします。

◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト