ローン申込書には正しい事実を記入しましょう


ホーム個人ローンの申込書に関すること>ローン申込書には正しい事実を記入しましょう

銀行にローンを申し込む場合、当たり前ですが申込書の提出をお願いしています。
申込書にはご本人の氏名、生年月日、住所、連絡先などのほかに、勤続年数や他の借入状況を記入していただく欄があります。

時々勤続年数や借入状況について(わざと?)事実と異なることを記入される方がいらっしゃいます。
たとえば事実より長い勤続年数を記入したり、借入金を少なく記入されたり・・・。

勤続年数や源泉徴収票や健康保険証で、借入金は信用情報の照会にて銀行は真の情報を知ることが出来ます。
つまり申込書に事実と異なることを記入しても、銀行はその違いに気付くのです。

ネット上などで
「勤続年数は長いほうが銀行の審査に有利。わかりはしないから長めに書いておいたほうが良い」
とか
「借入金が多いとそれだけで審査に通らない。少なく記入するか、いっそ記入しなくてもわからないからOK」などの情報を目にすることがありますが、それは違います。
銀行はわかります。

申込書には事実を記入されることを審査上もおすすめします。
虚偽の事実を申込書に記入された場合、本来なら通る審査も通らなくなります。
銀行員は嘘をつく人が嫌いです。
嘘の申込書を提出した人の審査は要注意として慎重に審査します。

本来なら審査基準をクリアしているのに、虚偽の事実を申込書に記入したがためにローンをお断りするケースはあります。

くれぐれも申込書には事実を記入しましょう。

◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト