カードローンとキャッシングの違い


ホームカードローン全般>カードローンとキャッシングの違い

カードローンとキャッシングはどちらもお金を借りる点では同じですが、異なる点もあります。
もっとも大きな違いは返済方法です。

その違いを説明する前に、最近はキャッシングという名前で実質カードローンのことを指す商品も出ています。
しかしここでのキャッシングというのは以前からある内容、つまりクレジットカードなどに付いているキャッシングを指すものとします。

ではカードローンとキャッシングの返済方法の違いを説明します。
カードローンの返済は利用残高に応じて毎月元利一定額の分割返済となります。
たとえば月々2万円とか。

これに対してキャッシングは期日に元利一括返済となるのが通常です。
たとえば10万円のキャッシングを利用すれば、翌月の支払日に元金の10万
円と利息を一括して全額返済することになります。

キャッシングは翌月に全額一括払いですから、すぐに返済出来る場合は良いのですが、実際は翌月に全額一括返済というのは難しい場合が多いと思います。
そのため返済のために、再度キャッシングを利用する人が多いと感じています。

その点カードローンは毎月の分割返済ですから、キャッシングに比べてはるかに返済負担が少なくて済みます。
このことは毎月確実に返済出来る可能性が高いということです。

管理人としてはキャッシングよりもカードローンの利用をおすすめします。

◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト