ローン申込書の借入状況欄の記入について


ホーム個人ローンの申込書に関すること>ローン申込書の借入状況欄の記入について

カードローン、クレジットカード、住宅ローンなどおよそローンの申込書には現在の借入状況を記入する欄が必ずあります。
ローンの借入先は大きく、銀行、信販系、消費者金融系に分けることが出来ますが、仮に銀行にカードローンを申し込む場合、銀行借入だけを記入すればよいのか、それとも信販系や消費者金融系からの借入も記入すべきなのでしょうか?

結論から申し上げて銀行、信販系、消費者金融系の区別を問わず、およそ借入金はすべて記入してください。
というのは銀行、信販、消費者金融のどこに申し込みしようが、必ず銀行等では申し込んだ人の信用情報を調査しますから、借入はすべてわかるのです。

以前は個人信用情報機関は銀行、信販、消費者金融とそれぞれ分かれており相互の情報連携はしていませんでした。
したがってこのときは銀行は銀行からの借入状況しか把握できず、消費者金融からの借入状況を信用情報では知ることが出来ませんでした。

しかし今は、これら個人信用情報機関は相互に連携していますから、銀行に申込みをしても、銀行以外の信販系や消費者金融系からの借入状況もわかるのです。

こういう状況では借入申込書に一部の借入金しか記載しない場合、申込みを受けた銀行等では「他の借入金を隠している」などと悪い印象を申し込んだ人に持ってしまうことがあります。

借入申込書の借入状況欄には正直にすべての借入金を記載してください。
すべての借入金を記載しても通る審査はきちんと通ります。
逆に一部の借入金しか借入申込書の借入状況欄に記載しなかったとしても通らない審査が通ることはありません。

◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト