おまとめローンで着実に借金を減らす


ホーム借金の一本化>おまとめローンで着実に借金を減らす

複数の借入金があると、1つ1つの返済額は少額でも合計すると、結構な金額になります。
その返済負担を軽くするために、借入の一本化、つまりおまとめローンがあります。

「おまとめローンはかえって返済総額が多くなり、この先延々と返済が続く。
だから今ある借入をがんばって返済したほうが良い」と言われる人もいらっしゃいますが、融資の現場を担当している管理人としては借入の一本化が出来るのであれば、そのほうがかえって返済総額は少なくなると考えています。

複数の借入金がある場合、最初から一度に複数の借入を行ったというよりは徐々に借入先が増えていく人が圧倒的に多いです。
そして借入の返済のためにやむなく新たな借入先が増えていく場合が多いように感じています。
このような場合、返済してもまた新たな借入を行わざるを得ず、どれだけ返済してもほとんど借入総額は変わらず逆に増えていくことが多いです。

どれだけ返済しても借入総額がほとんど変わらない一番の原因は、現在の収入に対して月々の返済額が多すぎであることです。
収入にみあった返済額となっていないため、その不足分を何だかの手段で調達せざるを得なくなっています。
まさに悪循環です。

生活態度を見直すことも大切ですが、見直しにも限界があるはずです。
借入が増える、あるいは返済してもほとんど借入総額が減らない原因が月々の返済額の多さである場合は、借入の一本化、つまりおまとめローンを利用して月々の返済額を減らすことがかえって借入総額を減らす最短の道だと感じています。

借入の一本化、おまとめで月々の返済額を減らし収入にみあった返済額にすることができれば、少なくとも返済のための新たな借入をおこす必要はなくなります。
おまとめローンによって返済のピッチが少なくなる分、完済出来るまでの期間は長くなります。
借入期間が長くなるということは、トータルの利息支払額も多くなります。

しかし複数の借入を抱え、その返済のために新たな借入を起こさざるを得ない状況よりは借入の一本化を行ったほうが、結果としては返済総額は確実に少なくなるはずです。

返済していくうちに資金的に余裕が出来ればおまとめローンの任意返済をすればよいのです。

◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト