銀行審査担当の評価が良いカードローンの任意返済

更新日:

カードローンの任意返済とは

カードローンの返済は通常毎月一定日に一定額を返済することになっています。
例えば毎月10日に2万円とか。
これとは別にカードローンはいつでも任意の金額を返済することが出来ます。
この任意返済は余裕があればこまめに実施することをおすすめします。
これは支払う利息を少なくすることが出来るほかに、実は銀行の審査担当者の目には「評価できる」こととして映るからです。
将来住宅ローンや教育ローンなどを利用するときにカードローンが審査の足をひっぱることが少なくなるのです。

カードローン利用者によくある事例

というのはカードローン利用者に多いパターンとして、いつもカードローンの極度枠一杯まで利用していることが目立ちます。
例えばカードローンの極度額が50万円の場合、いつもカードローンの残高が限りなく50万円に近い状態になっています。
これは毎月一定日に一定額を返済したあとに、すぐにカードローンの利用可能額を再び利用していることをあらわしています。
例えば毎月2万円を定例日に返済する場合、返済したあとに、1万円とか15,000円とかが再び利用可能な状態になります。
この利用可能になった金額を再びすぐに借入するわけです。
すると、常時カードローンの極度額一杯まで利用していることになります。

この状態は銀行の審査担当者には「お金に余裕がない」ことを伝えているのと同じことです。
「お金に余裕がない」のであれば、住宅ローンや教育ローンなどの返済も「危ない」ことになります。
これに対して任意返済を行っていれば、カードローン極度額まで余裕がある状態が生じますから、銀行の審査担当者には「それほどお金に困っていない」印象を与えることになります。
すると住宅ローンや教育ローンの審査にもある程度「安心して」審査することが可能になるのです。
任意返済はATMで簡単に出来ます。
ボーナスが支給された場合などお金に少し余裕が出来たときはこまめに返済されることをおすすめします。
これがカードローンの賢い利用の仕方です。



管理者選定:中小企業・事業者向け資金調達

ビジネクスト
大手資本が入り歴史が古いビジネスローンの代表的な商品です。

事業資金ならキャレント
ネットで全て完結する500万円までの資金調達商品です。

【GMO BtoB 早払い(ファクタリング)】
借入ではなく売掛金の売却による資金調達です。東証一部上場企業が運営しており安心です。

-カードローン全般
-

Copyright© 銀行員の融資総合ガイド , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.