金融機関がどの個人信用情報機関に加盟しているかを調べる方法

更新日:

住宅ローンやカードローン、クレジットカードなどを申し込む場合、ご自身の信用情報が気になる方もいらっしゃると思います。
例えば消費者金融を利用している方が銀行カードローンを申し込む場合、消費者金融を利用していると銀行カードローンの審査は通らないのではないかといった不安です。

4つの個人信用情報機関

銀行などは加盟している個人信用情報機関に照会することでカードローンを申し込んだ人の信用情報を知ることができます。
この個人信用情報機関は現在4つあります。
4つの情報機関とは
・全国銀行個人信用情報センター →銀行系
・(株)シー・アイ・シー →信販・クレジットカード会社系
・全国信用情報センター連合会 →消費者金融系
・(株)シーシービー →クレジットカード会社系
です。

これら4つの個人信用情報機関は相互に提携しています。
したがって銀行の多くは消費者金融系の全国信用情報センター連合会には加盟していませんが、一定の情報は知ることが出来ます。
この「一定の情報」というのがカギです。
情報機関は相互に提携していますが、それぞれの情報機関が保有している情報すべてを提携先に提供しているわけではありません。
提供している情報は延滞実績などイレギュラーな情報に限られています。
したがって消費者金融を利用していてもきちんと毎月の返済を行い、一回も延滞したことがなければ、消費者金融を利用している情報を提携先に提供されることはありません。

加盟している個人信用情報機関を知る方法

では申し込む銀行等がどの信用情報機関に加盟しているかを知るもっとも簡単な方法は各社のホームページをご覧ください。
そのホームページ上に「お客様の個人情報の取扱について」とか「プライバシーポリシー」といった表記がなされていると思います。
そのリンク先を閲覧することでどの信用情報機関に加盟しているかを知ることが出来ます。



管理者選定:中小企業・事業者向け資金調達

ビジネクスト
大手資本が入り歴史が古いビジネスローンの代表的な商品です。

事業資金ならキャレント
ネットで全て完結する500万円までの資金調達商品です。

【GMO BtoB 早払い(ファクタリング)】
借入ではなく売掛金の売却による資金調達です。東証一部上場企業が運営しており安心です。

-個人信用情報に関すること
-

Copyright© 銀行員の融資総合ガイド , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.