クレジットカードの利用可能枠を減らされたのですが

ホームクレジットカード全般>クレジットカードの利用可能枠を減らされたのですが

クレジットカードには利用可能枠というものがあります。
通常クレジットカードにはショッピング枠とキャッシング枠、それと中にはカードローン機能がついているものもあります。

クレジットカードの利用可能枠は通常は請求書に記載されています。
例えば利用可能枠が50万円の場合、ショッピングの利用枠は50万円となります。
そしてそのショッピング利用枠の範囲内で、例えば20万円がキャッシング利用枠として設定されています。
したがってキャッシングをまったく利用していなければ、ショッピング枠はフルに50万円まで利用できます。
一方でキャッシングを10万円利用している場合には、ショッピング枠として利用できるのは残りの40万円となります。
なおカードローンはショッピング枠やキャッシング枠とは別に独自に設けられている場合が多いと思います。

ところでこの利用可能枠ですが、これはクレジットカードという商品に対して設けられているものではなく、それを使う「人」に対して個別に設定されています。
したがって当初50万円のショッピング枠があったにもかかわらず、ある日突然、クレジットカード会社から利用可能枠の見直しを行い、今後は30万円が利用可能枠になりますなどと減額される可能性もあります。

クレジットカード会社は一定期間ごとに(1年である場合が多い)、審査を行っています。
そして延滞が多いなど利用状況が悪かったり、他社からの借入が増えたなどが原因で利用可能枠が減額されることはよくあることです。

逆に利用可能枠が増える場合もあります。
利用状況が良好であったりすると、クレジットカード会社は優良顧客と認識して、もっと多く利用してもらおうとして増額することもあるのです。

ただ利用可能枠が増えたからと単純に喜んではいけません。
利用可能枠が増えたということはあなたに対する与信額が増えたということです。
これが原因で他社のカードローンの審査に落ちたり、教育ローンの審査に落ちたりすることがあります。

利用可能枠の減額はクレジットカード会社に連絡することで簡単に引き下げてもらえます。
後々のためにも不要な利用枠は減らしておいたほうが良いかもしれません。

◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト
ビジネクスト
オンラインで申し込みが可能で短期間審査。ビジネスローンを始め多様な商品構成。最大1,000万円。

急を要する資金繰り対策に!
お申込は簡単!必要事項を入力するだけ!【エフワン】
スピード審査で最短30分!SGファイナンス