ローンの延滞でブラックリストに載っているかどうか知りたい

ホーム個人信用情報に関すること>ローンの延滞でブラックリストに載っているかどうか知りたい

過去カードローンなどを利用していたが延滞し今は完済しているものの、その時の延滞が原因でブラックリストに載ってしまい、新たなカードローンやクレジットカードなどが作成出来ないなどと悩んでいる人もいらっしゃると思います。

まずもうご存知だと思いますが、金融界の世界で「ブラックリスト」というようなリストはまったく存在しません。
管理人は銀行に20年以上勤務していますが、いまだかつて「ブラックリスト」と呼ばれる個人リストを見たことがありません。





銀行やクレジットカード会社、消費者金融などの金融業者はそれぞれの業界系列の個人信用情報機関に加盟しています。
そしてこの個人信用情報機関に各金融機関は顧客毎の取引状況を登録することになっています。
延滞などの情報も登録されます。

この延滞情報が登録されると、新たなカードローンなどの作成は困難になります。
これが俗に言うブラックリストの真実です。
延滞情報は完済後5年間登録されています。
したがって少なくとも5年間は新たなカードローンの作成は困難になります。

気になる場合は自分の個人信用情報がどうなっているのか知りたいところですが、これは本人であれば各個人信用情報機関に情報の開示請求をすることが出来ます。
カードローンなどを申し込みたいが過去の延滞などが気になる場合は、この開示請求がおすすめです。
カードローンなどを申し込む場合にあらかじめ自身の登録情報を確認することで審査が通る可能性をある程度判断できます。





◆事業資金のご案内

ビジネクスト
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

オーナーズ セレクト カード
経営者・自営業者向けのカードローン


◆銀行員が選んだカードローン

イオン銀行
イオン銀行のカードローン 限度額最大800万円 利率3.8%~13.8%

モビット
限度額500万円 利率4.8~18.0%