消費者金融から借入がある状態で銀行ローンは利用出来ますか?


ホーム個人ローンの審査>消費者金融から借入がある状態で銀行ローンは利用出来ますか?

現在消費者金融から借入がある場合、銀行の教育ローンやマイカーローンなどの銀行ローンが利用できるかどうかですが、銀行により多少スタンスは異なると思いますが、総じて非常に厳しいと考えられます。

消費者金融=悪ということでは決してありませんし、銀行自身も消費者金融と提携して準消費者金融と言えるローンを取り扱っています。
しかし一般的に消費者金融の金利は相対的に高水準です。
手軽さもありますが、高金利のローンを利用するということはそれだけ資金的、経済的に余裕がないということを一面ではあらわしていると考えられます。
そうすると返済能力面の審査基準が厳しい銀行ローンは難しくなるのです。

では銀行ではローンを申し込んだ人が消費者金融から借入があるかどうかわかるのでしょうか。
銀行は個人の方からローンの申込みがあると、本人の同意を得た上でその銀行が加盟する個人信用情報機関に信用情報の照会を行います。
個人信用情報機関は大きく、銀行系、クレジットカード系、消費者金融系の3つに分かれています。
申し込んだ銀行がどの個人信用情報機関に加盟しているかによって異なってきますが、仮に銀行系の個人信用情報機関にだけ加盟している場合、消費者金融で延滞がない限り、その銀行では申し込んだ人が消費者金融から借入があるかどうかを知ることは出来ません。

しかし銀行ローンは通常ローン保証会社の保証付である場合がほとんどです。
そうするとその保証会社も個人信用情報機関に信用情報の照会を行います。
そしてこの保証会社は消費者金融系の個人信用情報機関に加盟している場合が多いのです。

保証会社は信用情報を照会した結果、申込人が消費者金融から借入がある場合、その保証を銀行に対して断ることになります。
銀行は保証会社の保証が得られない場合は、銀行ローンの取扱を断ることになりますので、結果として銀行ローンが利用できないのです。

◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト