カードローン返済方法の基本

ホームカードローンの基礎>カードローン返済方法の基本

カードローンの返済方法は毎月一定額を銀行口座からの自動引き落しで返済するのが基本です。
例えば毎月10日に1万円を銀行口座からの自動引き落しで返済するということです。

毎月の返済額はカードローンの利用額に応じて決まるのが一般的です。
例えば月末のカードローン利用額が20万円の場合は翌月10日に1万円を返済、カードローン利用額が50万円の場合は2万円とかです。

この一定額の返済の内訳は元金+利息です。
したがって1万円を返済しても、その1万円がすべて元金の返済に充てられるわけではなく、例えば元金に4千円、利息に6千円が充てられることになりますから、1万円返済したつもりでも、元金つまり借金額は4千円しか減らないことになります。

なるべく早く元金を減らすには毎月一定額の定められた返済の他に、任意返済をとにかくおすすめします。
任意返済は銀行やコンビニのATMなどで手軽に実施することが出来ます。
そして任意返済はその返済額がすべて元金に充てられますから、1万円の任意返済をすれば、元金つまり借金額も1万円減ることになります。

利息は元金に対してかかってきますから、任意返済により元金を減らすことによって利息も減り、次の毎月の定額返済もより多くの金額が元金部分に充てられることになり、よりスピーディに借金を減らすことが出来るのです。

こまめに任意返済をすることが賢いカードローンの利用方法です。

◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト
ビジネクスト
オンラインで申し込みが可能で短期間審査。ビジネスローンを始め多様な商品構成。最大1,000万円。

資金調達プロ とにかく急な資金不足に資金調達が可能かどうか10秒で簡単に無料診断が可能です。
つなぎ資金が足りない方、銀行融資取引を断られた方、税金滞納、赤字決算でも可能。