カードローンの申込みでは配偶者も審査の対象になるのですか?


ホームカードローンの審査>カードローンの申込みでは配偶者も審査の対象になるのですか?

カードローンやクレジットカードの申込書には本人の情報を記載する欄の他に配偶者など家族の情報も記載する欄があります。
ということは例えば配偶者も審査の対象になるのでしょうか?
結論は「なりません」。

審査対象は申込人本人のみ

カードローンやクレジットカードの審査はあくまでも申し込んだ本人のみの状況をもとに行われます。
配偶者も審査をするわけではありません。
配偶者など家族の情報も記載する欄があるのはあくまでも参考情報です。

カードローンやクレジットカードを申し込むとカードローン会社などはその申込人の個人信用情報を照会し審査の参考としますが、これはあくまでも申込人のみであって配偶者など申込人以外の人の個人信用情報を照会することは絶対にありません。

申込みの事実を家族に知らせることもありません

またあなたが申し込んだことを配偶者など家族に知らせることも絶対にありません。
あなたがカードローンやクレジットカードを申し込んだことはあなたの個人情報であって、その情報をいくら配偶者だからといって伝えることは絶対にありません。

これは銀行での実例ですが、夫と取引があり自宅に電話したところ、奥さんが電話に出られて銀行の担当者が「いつもお世話になっています」と言ったために夫がその銀行と取引があることが妻に知られてしまい、トラブルになった例があるほどです。

◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト