カードローンの申込書にうその収入を書いても大丈夫ですか?

更新日:

カードローンの申込みは店頭などの他、ネット上や郵送などさまざまな方法を選択できるようになっています。
そしてカードローンの申込みにおいては申込書の他には運転免許証などの本人確認資料だけの提出を求められ、源泉徴収票など収入を証明する資料の提出が求められないケースがあります。
特にカードローンの金額が50万円以下の比較的少額な場合に多いように思われます。

収入を多めに記入しても効果はない

そこで店頭や郵送・ネット上での申し込みを問わず、申込み時に記載(あるいは入力)する収入欄に多めの、つまりウソの金額を記載しても大丈夫かなと思われる方もいらっしゃいますが、これはやめておきましょう。
確かにカードローンの申込みにおいては本人確認資料の提出だけを求められ、最後まで源泉徴収票などの収入を証明する書類の提出が求められないまま、カードローンが利用可能となるケースは少なくありません。
このような場合は、仮に申込書にウソの収入を記載してもそのまま何のお咎めもなくカードローンが使えてしまいます。

しかし中には申し込み時には収入を証明する書類の提出を求めなくても、カードローンの契約時には源泉徴収票などの提出を求められる場合があります。
そのような場合、申込書に記載されている収入額が虚偽であることが発覚し、カードローンの審査に通るものも通らなくなります。
申込書に正しい収入の金額を書こうが、多めのつまりウソの金額を書こうが、審査に通るものは通りますし、審査に通らないものは通りません。

申込書には正しい金額を記入しましょう。



管理者選定:中小企業・事業者向け資金調達

ビジネクスト
大手資本が入り歴史が古いビジネスローンの代表的な商品です。

事業資金ならキャレント
ネットで全て完結する500万円までの資金調達商品です。

【GMO BtoB 早払い(ファクタリング)】
借入ではなく売掛金の売却による資金調達です。東証一部上場企業が運営しており安心です。

-カードローン全般
-

Copyright© 銀行員の融資総合ガイド , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.