クレジットカード入門 サインをしていないことのリスク


ホームクレジットカードの基礎>クレジットカード入門 サインをしていないことのリスク

約3割の人がクレジットカード上にサインをしていない

クレジットカードの裏には本人がサインする場所がありますが、あなたはきちんとサインをしていますか?
サインをしていないようであればすぐにサインをしましょう。

あるデーターによれば約3割の人がサインをしていないようですが、サインはクレジットカード所持者であることの証明の意味があります。

サインをしてないことのリスク

サインをしていないことでお店での使用を断られることは小さいことで、最大のリスクはクレジットカードを紛失したり、盗難にあって不正使用された場合、クレジットカード会社から損失の補填が受けられないことです。
クレジットカード会社からの補填が受けられないということは、他人が勝手に使ったクレジットカードの使用をあなた自身が払わされることになるのです。

サインをしていれば不正使用されたとしてもクレジットカード会社から補填が受けられるのです。

サインさえしておけばよいのです。
必ずサインをしておきましょう。

◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト