カードローン入門 実質金利とは

ホームカードローンの基礎>カードローン入門 実質金利とは

実質年率とは

銀行のATMコーナーに貼っているカードローンのポスター、電車内の銀行や消費者金融の広告、あるいは街で通行人に配布されている消費者金融などのティッシュ。
これらポスターや広告、ティッシュにはローンの条件が記載されています。

ところでローンの条件で一番気になるのは利率だと思いますが、広告などには単純に「利率」とか「金利」とかの表記ではなく「実質年率」と記載されています。
ではこの「実質年率」とは何だと思いますか?





実質年率とは一年にどれだけの利息がつくかを計算する上での率のことを言います。
つまり実質年率というのは「年利」のことです。
例えば10万円を実質年率10%で借入した場合、年間では10万円×10%=1万円の利息がつくことになります。

同じ条件で30日間だけ借入した場合、大抵の銀行や消費者金融などでは借りた日数分だけ利息がかかりますから、10万円×10%×30/365=821円の利息がつくことになります。

実質年率は幅を持たせて表記されている

なお実質年率は多くの場合、ある程度幅を持たせた表記となっています。
○○%~△△%のように。
ネット銀行大手のジャパンネット銀行のカードローンの場合、実質年率は6.5%~18%と案内されています。
そして実際に適用される実質年率は、申込人の収入や属性、取引歴や他社の借入状況などから判断された利率が適用されます。
はじめて利用する場合は最高の利率が適用されることが多く、その後の取引状況を見て徐々に引き下げられていくパターンが多いと思います。





◆事業資金のご案内

ビジネクスト
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

オーナーズ セレクト カード
経営者・自営業者向けのカードローン


◆銀行員が選んだカードローン

イオン銀行
イオン銀行のカードローン 限度額最大800万円 利率3.8%~13.8%

モビット
限度額500万円 利率4.8~18.0%