不要なクレジットカードの整理方法

ホームクレジットカード全般>不要なクレジットカードの整理方法

クレジットカードを何枚持っていますか?

みなさんはクレジットカードを何枚持っていますか?
ある統計によると成年男女で平均すると1人5枚程度保有しているそうです。
実際普段からよく使うカードはせいぜい1枚か2枚程度だと思います。
したがって3枚や4枚程度は不要なカードを保有していることになります。

クレジットカードを多く持つことのリスク

不要なカードを多く持っていることはリスクを伴います。
リスクは大きく2つあります。
1つはコスト面です。
不要なカードはすべて年会費不要のカードであれば良いのですが、普通は1枚につき1,300円程度の年会費がかかります。
10枚のクレジットカードを持っていれば年間13,000円の年会費を支払っていることになります。

2つめのリスクはカード犯罪に巻き込まれるリスクです。
不要なカードはどうしても管理が甘くなります。
いつどこでカード犯罪に巻き込まれるかわかりません。
大掛かりな犯罪集団も暗躍しています。

こういったリスクを回避するためにも不要なカードを一度整理しましょう。
不要なカードの整理方法をご案内します。

クレジットカードの整理方法

まずは義理で作ったカードを解約することです。
友達や親族から頼まれて作ったカード、お店で勧誘されてついつい作ってしまったカード。
こういったカードは迷わず解約しましょう。

つぎは年会費が高いカードです。
普通に使用している限りでは年会費によるメリットの差はほとんどありません。
ゴールドカードに代表されるように年会費が高いカードは優先的に解約しましょう。

そして最後にカードのバランスを考えます。
カードのバランスとは、ずばりVISA、マスター、JCBのバランスです。
残すカードが全部VISAだったり、マスター、JCBでは海外に出かけるときには少し不安です。
カードのバランスを考えて不要なカードを解約するのです。

◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト
ビジネクスト
オンラインで申し込みが可能で短期間審査。ビジネスローンを始め多様な商品構成。最大1,000万円。

急を要する資金繰り対策に!
お申込は簡単!必要事項を入力するだけ!【エフワン】
スピード審査で最短30分!SGファイナンス