カードローン入門 無利息キャッシングの押さえておきたいポイント

ホームカードローンの基礎>カードローン入門 無利息キャッシングの押さえておきたいポイント

無利息キャッシングとは

「1週間無利息キャッシング」という広告を目にされる方も多くいらっしゃると思いますが、本当に無利息なのでしょうか?
一定のルールはありますがこのルール通りの使い方であれば本当に無利息です。
そのあたりを「1週間無利息キャッシング」の代表例であるシンキのノーローンの商品を題材にしてご案内します。

ノーローンのホームページで確認するとポイントして次の3つが記載されています

無利息キャッシングの押さえておきたいポイント

まずは「借入日の翌日から7日間は無利息」という点です。
具体例で説明しますと、例えば7月1日に借入した場合、7日後の7月8日までに完済すると7月1日に借入したローンは全額無利息となります。

次に利息は利用日の8日目から超過日数分のみという点です。
例えば7月1日に借入して7月30日に完済した場合には借入期間30日から7日を引いた23日分が利息の対象となります。



具体例で示しますと10万円を金利15%で7月1日に借入して7月30日に完済するとします。
通常のローンの場合の利息は
10万円×15%×30日÷365日=1,232円

ノーローンの場合の利息は
10万円×15日×(30日-7日)÷365日=945円
となります。

最後のポイントしては「完済日の翌月以降は1週間無利息」という点です。
これは一度一週間無利息が適用された月は重複して1週間無利息は適用されないが、翌月以降は再び1週間無利息が繰り返し適用されるということです。

例えば7月1日借入してそれを7月8日に完済したとすると、この間の利息は1週間無利息が適用されて利息は発生しません。
この状態で7月15日に再び借入してそれを7月22日に完済した場合、この部分は1週間無利息が適用されず、この間の利息は発生します。
しかし8月1日に借入して8月8日に完済した場合には、8月の利用は初めてですから、1週間無利息が再び適用されてこの間の利息は発生しません。

賢く使えば利息の支払を抑えることが出来ます。
詳しくは→ノーローン


◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト
ビジネクスト
オンラインで申し込みが可能で短期間審査。ビジネスローンを始め多様な商品構成。最大1,000万円。

資金調達プロ とにかく急な資金不足に資金調達が可能かどうか10秒で簡単に無料診断が可能です。
つなぎ資金が足りない方、銀行融資取引を断られた方、税金滞納、赤字決算でも可能。