クレジットカード入門 ゴールドカードと一般カードの違い


ホームクレジットカードの基礎>クレジットカード入門 ゴールドカードと一般カードの違い

ゴールドカードと一般カードの違い

クレジットカードには一般カードとゴールドカードの2種類があります。
「私は一般カードで十分。年会費の高いゴールドカードは不要」と考えていらっしゃる方も多いと思いますが、年会費が高い分だけやはりゴールドカードは一般カードと比べて優れているところがあります。

スタンダードの大手カード会社三井住友VISAカードで一般カードとゴールドカードの主要機能を比較してみると次のようになります。

  一般カード ゴールドカード
年会費 1,312円 10,500円
各種保険 最高2,000万円海外旅行傷害保険 ・最高5,000万円の国内・海外旅行傷害保険
・国内航空便遅延保険
ショッピング補償 年間100万円まで(海外でのご利用および国内でのリボ払い・分割払いのご利用のみが対象) 年間300万円まで
サポート なし ・ゴールド会員専用サポートデスクあり
・空港ラウンジサービス

まず傷害保険。
一般カードは海外旅行時に限られるのに対し、ゴールドカードでは国内旅行も保険の対象となります。

次にショッピング補償。
ショッピング補償とはカードで購入した商品が破損したり盗難にあった場合、その損害を補償してくれるサービスですが、一般カードは年間100万円までが限度なのに対して、ゴールドカードの場合には年間300万円まで補償の対象となっています。
さらに一般カードのショッピング補償はよく見てみるとリボ払いや分割払いで購入したものが対象であって一括払いで購入した商品はショッピング補償の対象とはされていません。
それに対してゴールドカードの場合は支払い方法の制限はなく、一括払いでも補償の対象となっています。

なおゴールドカード保有によるステータスですが、国内ではそれほどステータ
スを感じることは少ないと正直思います。
しかし海外ではまだまだゴールドカード保有によるステータスを感じることが
出来ます。

年会費が割高ですが、やはりゴールドカードはそれなりの高サービスが付帯し
ています。

◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト