返済能力の審査に影響するのは枠?それとも残高?


ホームカードローンの審査>返済能力の審査に影響するのは枠?それとも残高?

ご存知の方も多いと思いますが再確認の意味で。
手元に枠が50万円のカードローンがあるとします。
そしてそのカードローンの現在の利用残高は10万円だとします。
この状態で銀行に住宅ローンや教育ローン、オートローンを申し込んだ場合、返済能力の審査基準に用いられるのは枠でしょうか、それとも現在の利用残高でしょうか。

答えは枠です。
上の場合だと現在の利用残高が10万円であったとしても、審査上は50万円のカードローン利用残があるものとして取り扱います。
カードローンはその商品の性格上、枠の金額までは原則としていつでも借入することが出来ます。
このため住宅ローンや教育ローンなどの返済能力を審査する上ではカードローンを枠一杯の50万円の利用残があるものとみなして審査を行います。

カードローンには枠が数百万円の大型のものもあります。
枠が大きいと「いざ」という時には確かに重宝するのですが、将来住宅ローンや教育ローンなどの銀行ローンの利用を予定されている場合にはこの枠が「邪魔」になる場合があります。
また枠が大きいと借りすぎてします危険性もあります。
カードローンの枠は抑え目にすることが大切です。

◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト