自己破産のメリットとデメリット

ホーム自己破産>自己破産のメリットとデメリット

私たちの社会が認めている自己破産制度ですが、この自己破産制度にもメリットとデメリットがあります。
それぞれのメリットとデメリットは以下に説明しますが、結論としては自己破産によるメリットの方がデメリットよりもはるかに大きいということです。

自己破産のメリット

1.借金がゼロになる

自己破産が認められると借金がゼロになります。
これが自己破産制度の最大のメリットです。
借金がゼロになるということは、その後の返済がなくなるということです。

自己破産制度というのは多額の借金を抱え、その返済に追われ人間らしい生活が送れなくなった人を救済し、再び人間らしい生活が送れるように私たちの社会が設けている制度です。

借金がゼロになって返済がなくなり、その後の生活や気持ちが前向きになれるところが自己破産制度の最大のメリットだと思います。

2.返済や取立てに追われなくなる

借金の返済が滞ると、債権者から電話や訪問による督促や取立を受けることになります。
督促や取立を受けると、とにかくその人は精神的な圧迫を受けることになります。

これが自己破産制度ではなくなり止ります。
大半の人は自己破産制度を利用する場合は、弁護士に依頼することになると思いますが、弁護士に依頼した直後に債権者からの督促や取立ては本当にうそのように停止します。

私の日々の業務は債権者としての業務です。
延滞をしている人は返済になるまで、電話で督促したり場合によっては自宅を訪問し面談したりします。
しかし弁護士から債務整理の通知(受任通知と呼ばれています)を受け取ると、私たち債権者は以降その人への督促や訪問を停止します。
督促などをしてももう無駄ですから行わないのです。





自己破産のデメリット

自己破産にもデメリットがありますが、自己破産のメリットに比べれば本当に小さいものです。

1.自分名義の資産はなくなります

住宅や車などの一定の自分名義の資産があれば、これは処分して債権者に分配されます。
自己破産制度は確かに債務者を救済する制度なのですが、債権者はすべて泣き寝入りするのでは少し不公平です。

そこで債務者名義の資産があるときはそれを処分して債権者に分配されることが認められています。

2.自己破産の手続き中は一定の職業の制限があること

自己破産の手続き中に限ったことですが、一定の職業制限があります。
例えば会社の代表者とか、生命保険業務とか警備業などの仕事は出来なくなります。
人のお金を管理する仕事は出来なくなるということです。

しかし誤解しないでほしいのは、この職業制限はあくまでも自己破産の手続きをしている間、具体的にはおよそ1ヶ月から2ヶ月程度の間だけです。
自己破産の手続きが終われば、職業制限はなくなりどんな仕事も出来るようになります。
会社の代表者に就任することも出来ますし、生命保険業務や警備業の仕事も出来るようになります。

3.一定期間は新たな借金が出来なくなる

自己破産を行うと、一定期間(5年~7年程度)はその事実が個人信用情報に登録されます。
したがって少なくともその間は事実上新たな借金やクレジットカードの保有が出来なくなります。

もっとも自己破産をして借金生活から脱出することが出来たのですから、新たな借金はもうやめましょう。





◆事業資金のご案内

ビジネクスト
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

オーナーズ セレクト カード
経営者・自営業者向けのカードローン


◆銀行員が選んだカードローン

イオン銀行
イオン銀行のカードローン 限度額最大800万円 利率3.8%~13.8%

モビット
限度額500万円 利率4.8~18.0%