おまとめローン利用の心構え


ホーム借金の一本化>おまとめローン利用の心構え

借金が複数になってくると、それだけ毎月の返済負担が重くなります。
収入だけでは返済しきれなくなると、返済のために新たな借金をすることになり、さらに借金の口数が多くなるとともに返済負担がますます重くなります。
まさに悪循環です。
返済しても返済しても新たな借金が増え、借金は減るどころかますます増えていきます。

私が担当した最近のお客さんの場合は最終的に自己破産申請時には借入口数20社、借金総額は1,100万円に膨らんでいましたが、この原因はまさに借金の返済のために新たな借金をしたことの繰り返しでした。

借金の口数が増えてきて、自分の収入の範囲内では返済が困難となった場合は破産するのも1つの考え方ですが、破産を避けたい場合は借金の一本化で返済額を少なくし、収入の範囲内で新たな借入をすることなく返済出来るようにするのも1つの方法です。

多くの方の場合は、借金の口数が3,4社までが収入の範囲内で返済出来る限界です。
借金の一本化を考えるならこの時点で踏み切ることが出来れば、破産などの債務整理は避けられる可能性が高いと思います。

借金の一本化による最大のメリットは何といっても返済負担が軽くなることです。
返済負担が軽くなり、収入の範囲内で返済できるようになれば、もう返済のための新たな借金を考える必要がなくなります。
新たな借金をすることなく、まじめに返済を続けることによって借金は着実に減っていきます。

ただ借金の一本化で1つだけ注意したいことがあります。
それは二度と借金を繰り返さないことです。
せっかく借金の一本化で返済負担が軽くなり、収入の範囲内で返済出来るようになったのです。
ここで返済負担が軽くなって余裕が出来たからといって、また新たな別の借金をしてしまえば、何のための借金の一本化かわからなくなってしまいます。

借金の一本化が出来れば、破産などの債務整理をせずに自己の力で借金を着実に減らすことが出来ます。
借金の一本化を考えている方は、「もう新たな借金は作らない」ことを心に銘じてください。

複数の借入を計画的に無くしていきたい方のための商品

◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト