運転資金の申込ポイント 所要運転資金を把握しよう

ホーム運転資金に関すること>運転資金の申込ポイント 所要運転資金を把握しよう

中小企業や自営業者向けの銀行融資の大半は運転資金です。
運転資金はその性格上、事業を継続している限り必要な資金であり、そのため銀行融資は常時必要な場合がほとんどです。
したがって融資する側の銀行からすれば、融資が固定化する、つまりなかなか返済してもらえない側面があるため融資審査は慎重に行われています。
この「銀行融資申込みのポイント 運転資金編」では銀行融資審査の視点を知っていただくことで銀行融資が受けやすくなることを主題にしています。

所要運転資金とは

銀行融資申込みのポイント【運転資金編】 運転資金とはでは運転資金が必要となるメカニズムを説明しました。
今回は所要運転資金です。
所要運転資金とは常時必要な運転資金の目安です。
銀行融資の審査では運転資金の申込みがあった場合、その会社はどれくらいの運転資金を必要とする事業構造なのか、つまり所要運転資金はどれくらいの水準なのかを必ず算出します。

そして今回の運転資金の申込み額と現在の運転資金借入残高の合計が所要運転資金を上回る場合はより慎重な審査が行われます。
したがって銀行に所要運転資金を上回る運転資金の融資申し込みをするにあたっては、なぜ必要なのかを明確に説明する準備が必要となります。
そのためには自社の所要運転資金はどれくらいなのかを把握しておくことをおすすめします。

所要運転資金の求め方

所要運転資金は決算書から簡単に求めることが出来ます。
所要運転資金は次の計算式によって求めます。





所要運転資金
=平均月商×【売上債権回転期間+棚卸資産回転期間-仕入債務回転期間】

平均月商や売上債権回転期間、棚卸資産回転期間、仕入債務回転期間の算出式はそれぞれつぎのとおりです。

平均月商=売上高÷12

売上債権回転期間
=【受取手形(割引手形と裏書譲渡手形を含む)+売掛金】÷平均月商

棚卸資産回転期間=在庫(商品、製品、原材料、仕掛品など)÷平均月商

仕入債務回転期間=【支払手形+買掛金】÷平均月商

所要運転資金を把握することで、自社はどれくらいの運転資金が必要な事業構造なのかを知ることも出来ます。





◆事業資金のご案内

ビジネクスト
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

オーナーズ セレクト カード
経営者・自営業者向けのカードローン


◆銀行員が選んだカードローン

イオン銀行
イオン銀行のカードローン 限度額最大800万円 利率3.8%~13.8%

モビット
限度額500万円 利率4.8~18.0%