親族の借金を払う必要はありません


ホーム夫婦・親族の借金に関すること>親族の借金を払う必要はありません

親や子、兄弟等の親族が借金を重ね、その対応に苦慮されている方は決して少なくないと思います。
私の銀行融資実務においても、そのようなケースが少なくありません。
借金を重ねている本人は別として、周りにいる親族の方の苦労は大変なことと思います。

借金先から督促の電話がかかってきて、電話口に出たあなたに対して返済を求めることもあるかと思います。
でもその場合に、連帯保証人になっていない限りは決して「わかりました」などと言ってはいけません。
そもそもあなたが本人に代わって借金を払う必要はまったくないからです。
また借入をしている本人とその連帯保証人以外の人に借金を返済を求めることはそもそも出来ませんし、法的にも禁止されています。
きっぱりと断ってください。

しつこい場合は警察に通報するなど毅然とした態度が何よりです。
あなたが毅然とした態度で臨めば、以後あなたに対する連絡がなくなるケースが圧倒的です。

それから本人が自分名義ではもう借金が出来ないために、あなた名義で借金をしている場合も考えられます。
しかしその場合でもあなたは返済する必要はまったくありません。
ご自身が借金を契約したわけではないことを相手側に伝えてください。
貸す側は契約時に相手側をきちんと確認していないわけですから、それ以上あなたに返済を求めてくることはありません。
それでもしつこく連絡がある場合は、さきほども述べましたが警察に通報したり、弁護士に相談する旨伝えてください。
これで大抵の場合は、相手側からの連絡はなくなります。

◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト