借金を繰り返してしまう人は貸付自粛制度の利用を


ホーム個人の借金全般>借金を繰り返してしまう人は貸付自粛制度の利用を

管理人である私も決して人のことは言えないのですが、借金を繰り返す人は「もう借入するのはやめよう」と思っても、再び借入をしてしまう癖があります。
借金を繰り返せば、本人が健全な生活を送ることが出来ないばかりか、近親者など周囲の人にも多大な迷惑をかけることにつながります。
また肉親が借金を繰り返し、非常に困っている人も少なくありません。

借金を繰り返す本人に「もう絶対に借金はしないで」と何度言っても、時間の経過とともに、ある日また借金をしてしまう人が多いのが実態です。

そのような場合は、半ば強制的に本人が借金をすることが出来ないようにすることも必要です。
この制度を貸付自粛制度と言います。
貸付自粛制度というのはどういうものかと言うと、本人が借金の申込みをしても、その申込みに応じないように個人信用情報機関に登録することです。
この登録の窓口は日本貸金業協会です。
http://www.j-fsa.or.jp/contents/association/articles/selfcontrol.php

この制度を利用すれば、簡単に言うと登録後借金の申込みをしても断られることになります。

なお注意しなければならないのは、この制度が有効なのは個人信用情報機関の登録情報を利用して融資の審査をしている金融業者等に限られるということです。
消費者金融やクレジットカード会社はほぼすべてこの登録情報を利用していますが、ヤミ金に代表されるような悪質かつ違法な業者はこれらの情報機関に加盟していませんので、どれだけ貸付自粛制度を利用しても情報機関に加盟していない金融業者からは借金が可能になってしまいます。
この点はくれぐれもご注意ください。

◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト