任意整理とは?


ホーム任意整理>任意整理とは?

借金の整理、つまり債務整理の方法の1つに任意整理というものがあります。
これは文字通り「任意」に債務整理をするということで、自己破産が裁判所も関与してある意味公的な債務整理の方法であるのに対して、私的に行う債務整理です。

簡単に言えば、借入先と個別に交渉して今後の返済の見直しを交渉していくことです。
実際の問題として私たち個人が個人の立場で借入先と交渉しても相手にしてくれませんから、実務上は弁護士などの専門家にお願いすることになります。

任意整理は特に規則といったものはありませんが、実際の手続きでは、今後3年程度で完済できることが任意整理が可能な条件となっています。
また任意整理を行う上では、過払い金といって定められた金利以上の利息を支払っている場合は、それを債務元本の返済に充当したものとみなして借入額を減額し、その上で今後の返済計画を立てることになります。

したがって銀行等比較的金利が低い借入については債務の元本が減額されることはまずありませんので、任意整理にはなじまないことになります。
消費者金融などからの借入が任意整理の対象となります。

3年で借金が完済できるかどうか、これが任意整理で債務整理が可能かどうかの一応の目安となります。

◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト