住所が変わったことを借入先に連絡したほうが良いですか


ホーム個人ローン全般>住所が変わったことを借入先に連絡したほうが良いですか

銀行、カードローン、クレジットカード、消費者金融を問わず、引越し等で借入先に届けている住所が変わった場合、新しい住所を借入先に連絡しなければなりません。
借入時の契約書には住所が変わった場合は、新しい住所を遅滞なく届けなければならない旨の規定があるはずです。
つまり借入先からいつでも連絡がつくようにしておかないといけないということです。

厳格に言うと、住所が変わったことを報告しない場合、借入人は期限の利益(期限まで借入出来ること。つまり当初の契約に反して一括返済などを求められないということ)を失い、直ちに一括返済を求められてしまうことになります。
実際、そこまで行うことは、少なくとも銀行では稀で、速やかに住所の変更届の提出をお願いするだけですが、放置していると一括返済を求められる場合もあります。

もっとも銀行等は顧客が引越ししたかどうかなどを定期的にチェックしているわけではありません。
このようなことは物理的にも無理です。
しかし商品提案のDMや、あるいは延滞督促などで顧客に連絡をすることがあります。
その際、郵便物が宛名不在で戻ってきたり、電話がつながらないなどのことがあると顧客が引越しなどして、届出住所が変わっていることを認識します。

特に延滞をしてしまい、連絡しても電話がつながらないとか督促状が戻ってきてしまう場合が深刻です。
この場合は単に「連絡不能先」としての分類ではなく「所在不明先」として銀行内部では法的手段を含めて厳格な対応の準備を開始します。

「引越ししたけどちゃんと返済しているからいいや」と簡単に考えていると後で後悔する事態もゼロではありません。
住所が変わったり、電話番号が変わったりした場合はきちんと借入先に届け出をしておきましょう。

◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト