親族があなた名義で勝手に借金を申し込んだ場合


ホーム夫婦・親族の借金に関すること>親族があなた名義で勝手に借金を申し込んだ場合

親・兄弟姉妹・子などの親族が勝手にあなた名義で消費者金融などに申込み、借入した場合、あなたに返済する義務はあるのでしょうか。
結論から申し上げるとあなたが契約したものでない以上、まったく返済に応じる必要はありません。

借入手続きのために窓口に行かなければならない場合は別として、ネットや携帯サイトなどですべて手続きが完結し、一度も窓口に出向かなくてもよい方法が多くなってきていますから、上記のようなことが心配になってきます。

まずネットや携帯サイトなどですべて手続きが完結する場合、消費者金融などは申し込んだ人がその人本人なのかどうか、十分に確認しているはずです。
その点はプロのはずです。
通常はネットや携帯サイトで申し込んだ場合、申込み先から本人宛に確認の連絡が入るはずです。

その時点であなたは申し込んでいないことを伝えれば、それで完結です。
ただあなたの名義で申し込んだ親族が、連絡先をその親族の携帯電話などに指定した場合、当然ながらあなたには連絡がなく、あなたの名義を勝手に使った親族に確認のための連絡が入ります。
しかしこの場合もまず心配は要りません。
消費者金融などはその点はプロですから、申し込んだ名義の本人なのかどうかを見抜いてくれます。

万一、親族があなた名義の借金に成功して、あなたにその返済の請求が来た場合は明確にあなた自身が申し込んだものではないことを主張してください。
通常はそれであなたへの請求は止まるはずです。
それでも請求がある場合は「債務者不存在確認訴訟」という裁判手続きを取る方法がありますからご安心を。

◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト