大口の融資で借金を一本化したいのですが


ホーム借金の一本化>大口の融資で借金を一本化したいのですが

消費者金融からの借金が最初は1社だけであったのに、気がつけば数社に広がり、借金の返済に苦しむのは実によくあるパターンです。
消費者金融からの借金が何社にも膨らめば、毎月の返済額合計は相当な額に達し、毎月の収入では純粋に返済することが不可能となり、返済のためにそれぞれの利用可能額を再び利用し、いつになっても借金総額が減少しなくなります。

このような状態になった場合、大口の融資で数社の借金を一本化し毎月の返済額を少なくしたいと考えることになりますが、現実はそう簡単ではありません。
確かにこの世の中には「おまとめローン」と呼ばれる借金の一本化が出来る融資商品がありますが、実際はなかなか審査が厳しいのが現実です。
仮におまとめローンが利用可能であっても、借入の一本化で大切なことでご案内しているように、一本化後の返済額が毎月の収入で十分に返せる水準になるかどうかが大切です。
少しぐらい返済額が少なくなったとしても、毎月の収入で十分返済出来る水準には至っていない場合は、再び他の借金に手をつけ、何ら根本的な解決にはなりません。

消費者金融からの借金が複数にのぼり、毎月の収入で十分に返済出来る水準を超えている場合には、現実的には次の3つの方法がおすすめです。

1つめは親族の援助を得ることです。
親族に金銭面の援助を求めることは精神的な抵抗もあり、なかなか勇気がいることだと思います。
しかしこれからの人生を考えるならば、正直に親族に話して親族の理解を得て、金銭面の援助を受けることがもっとも良い方法です。
可能であれば親族の援助を得ることを第一と考えるべきです。

2つめは裁判所の調停を利用することです。
裁判所の調停は弁護士などの専門家に依頼することなく、自分自身で利用することが出来ます。
調停とはつぎのことを指します(裁判所のHPより引用)
「調停は,訴訟と異なり,裁判官のほかに一般市民から選ばれた調停委員二人以上が加わって組織した調停委員会が当事者の言い分を聴き,必要があれば事実も調べ,法律的な評価をもとに条理に基づいて歩み寄りを促し,当事者の合意によって実情に即した解決を図ります。
調停は,訴訟ほどには手続が厳格ではないため,だれでも簡単に利用できる上,当事者は法律的な制約にとらわれず自由に言い分を述べることができるという利点があります。
民事調停は,民事に関する争いを取り扱いますが,その例としては,金銭の貸借や物の売買をめぐる紛争,交通事故をめぐる紛争,借地借家をめぐる紛争,農地の利用関係をめぐる紛争,公害や日照の阻害をめぐる紛争等があります。
また,借金をされている方等がこのままでは支払を続けていくことが難しい場合に生活の建て直し等を図るために債権者と返済方法などを話し合う手続として,特定調停があります。」
詳しくは裁判所のHPでご確認ください。Q&Aもあります。
http://www.courts.go.jp/saiban/syurui/minzi/minzi_04_02_10.html

3つめは弁護士に債務整理の委任をすることです。
委任を受けた弁護士は債務者の状況から自己破産や任意整理など債務者にとってもっとも良いと考えられる方法を考えてくれ、実際に対応してくれます。

◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト