自己破産したら銀行口座を持てなくなりますか


ホーム自己破産>自己破産したら銀行口座を持てなくなりますか

自己破産しても銀行に新たに預金口座を開設することはいつでも出来ます。
自己破産が原因で銀行に預金口座を開設することが出来なくなることは全くありません。

口座開設時に必要なのは印鑑と運転免許証やパスポートなどの本人確認資料、それと少しばかりの現金だけです。
これを用意すればいつでも口座を開設することが出来ます。
自己破産しようがしまいが銀行の預金口座の開設には何ら問題にはなりません。

自己破産により支障が出るのは当面は新たな借金が出来なくなるなどです。
自己破産によるデメリットは世間で思われている以上にほとんどないに等しいものです。

◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト