借金癖は治りますか


ホーム個人の借金全般>借金癖は治りますか

借金癖はなかなか治りません

借金癖が治るかどうか・・・。
これは一義的には借金癖のある本人の自覚如何によりますが、管理人の実務経験から振り返ってみると、借金癖のある人は借金を繰り返してしまう人が多いように感じます。

借金癖のある人はおそらく自分自身ではもう借金はよそうと一度は考えるはずです。
しかしながらその意思が弱いのかどうかは人それぞれによりますが、一度は「もう借金はしない」と決意しても時間の経過とともにその意思が弱まり、気がつけば再び借金をしてしまっていることが多いようです。

親族など周囲の人の援助が知らず知らずのうちに本人に甘えの意思を芽生えさせ、「また助けてくれるから・・・」などの考えを無意識のうちに持ってしまい、借金を繰り返す場合もあります。

親族など周囲の人にとっては経済的だけでなく精神的にも辛い状況に陥ってしまいます。
本人のことを考えれば「突き放す」ことが一番良い対応方法かもしれませんが、なかなか「突き放す」ことは難しいことも十分に理解できます。

医師や貸付自粛制度の利用がおすすめ

このような場合には第三者の力を借りるのも1つの方法です。
例えば心療内科などのカウンセリングを受けるのも良いかもしれません。
また個人信用情報機関に「私が借入の申込みをしても断ってください」という趣旨の貸付自粛制度を利用するのも1つの方法です。

本人と親族など周囲の人だけで悩んでも多くの場合借金癖の根本的な解決にはつながらないケースが多いです。
医師や貸付自粛制度など第三者も入れて対応するのが良いかと思います。

◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト