借金が増えるパターン


ホーム個人の借金全般>借金が増えるパターン

誰もがはじめは「自分は大丈夫」

借金をするにあたり誰しもが「自分は大丈夫」「返せない借金はしない」「自己破産など自分には関係ないこと」と思っているはずです。
しかしちょっとした違いで「自分は大丈夫」とはならず、借金が見る見るうちにふくらみ、とても手に負えないことになってしまいます。
そうならないように「借金が増えるパターン」をあえて認識していただいて、最後まで「自分は大丈夫」となってください。

借金が増えるパターン

借金が増えるパターンで多いのが、「たった一枚のクレジットカードの利用から始まった」です。
クレジットカードの最初の利用は日常生活をする上で必要不可欠なものの利用から始まるはずです。
これはクレジットカードのごく普通の使い方です。
このような普通の使い方をしている限りは「自分は大丈夫」です。

クレジットカードの使い方に慣れてくると・・・

しかしそのうちクレジットカードの利用に慣れてくると、買い物の対象が日常生活上の必要不可欠なものから、必ずしも不可欠とは言えない商品に移ってきます。
これが進むと高額な商品をクレジットカードで購入することになり、ごく普通の使い方ではまったく負担にならなかったクレジットカードの引き落しがだんだんと大変になってきます。

いつのまにかクレジットカードが借金のための道具になる

収入の範囲内では支払が苦しくなってくると、支払のためにどこからかお金を調達しなければならなくなります。
そうするとクレジットカードの付帯サービスとしてセットされているキャッシング機能に目が移ります。
こうなると物を購入するためのクレジットカードが、いつのまにかお金を得るためのものに変貌してきます。

しかしキャッシングの利用は一時的な解決にはなっても根本的な解決にはなっていません。
今度はより負担の重いキャッシングの返済がやってきますから、ますますお金が必要となります。
家族や友人など周囲の人にばれるのが嫌で今度は銀行などのカードローンや消費者金融の利用など借金はそれこそ雪だるま式に膨れ上がってきます。
気がつけば「自分は大丈夫」ではなく「自分は多重債務者」になっているのです。

収入の範囲内で返せるかどうかが分岐点

「自分は大丈夫」か、それとも「自分は多重債務者」かの分岐点は収入の範囲内で返せる範囲かどうかです。
クレジットカードが悪いのではありません。
その使い方が悪いのです。
収入の範囲内で返せることが出来るかどうか、この目線でクレジットカードを利用されることが大切です。

◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト