借金返済の督促が来なくなったのですが


ホーム借金の督促・取立>借金返済の督促が来なくなったのですが

借金の返済が滞ると電話やはがきなどで督促の連絡があります。
そしてあれほど頻繁にあった督促がしばらくなくなるケースがあります。
しかし「諦めたのか?」「もう連絡は来ない」などと安心することは出来ません。

銀行や消費者金融、クレジットカード会社などは延滞情報をコンピューターで管理しています。
私の勤務している銀行ではコンピューターで管理されている延滞情報が毎日紙ベースでも送付されてきます。
したがって銀行などが延滞情報を「忘れる」ということは決してありません。

また延滞を長期間放置していることも社内の管理上認められていません。
多くの消費者金融やカード会社でも同様だと思います。
きちんと延滞者に対する手続きを行わなければ上司に叱責されることになるのです。

電話やはがきでの返済督促の連絡は延滞に対する初期動作です。
頻繁にあった督促の連絡が止まったということは「諦めた」のではなく次のステップへの準備だと考えた方がよいと思います。
「次のステップ」は銀行や消費者金融、カード会社ごとに異なります。
内容証明郵便にて一段と強い督促連絡がそのうち来るかもしれませんし、いきなり裁判所に貸金返還訴訟を起こされるかもしれません。
また銀行口座や給与の差し押さえがあるかもしれません。

延滞は長期化すればするほどその解決に手間取ることになります。
また延滞していることを銀行などが「忘れる」ことも決してありません。
返済する意思があるのであれば速やかに返済する、返済することが不可能なのであれば弁護士などの専門家に相談されることが今後のためにも大切です。

延滞を放置していることが一番良くない状態です。

◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト